選挙いってきたんだけど、情緒的にはさほど行きたくない?

参議院選挙の投票太陽なので、早朝予め投票してきました。別段、別に興奮がはいってあるわけじゃない理由は、単なる昼間は暑いし夕暮れに出向くのはめんどくさくなってしまいいかない可能性もでてくるかなと思っている次第です。それにしても、年を取るにつけて任務感覚は消え惰性で行っているような気がします。
こういう時代になって、覚えている以上選挙に行かなかったのは1回だけですがその時は出勤で行かなかったきりですね。
無論、支持しておる政党はあるけど対峙リアクションで消去法でこういう党しか弱いなと思ってから三十時代ぐらい変わっていません。だから後ろ向きながら評価政党はあるけど、入れたい代わりはありません。比例区では評価政党にいれるけど、支持したい人は選挙区では乏しいって話です。
しかしながら全国的なレベルで言うと支持したい人材がいるんですがこれを選挙区を超えては、評価できないわけです。
国政選挙なのに、入れたい人には入れられないし1票の荷重というのはそれほど感じられないから決して行きたくなくなってきたというのは横柄ですかね。http://www.fonfix.co/ashi-datsumo.html