月々などについて学習しました。月には、空気も水もありません。次は、太陽についてだ。各種電磁波(電波、輝き、X線など)で太陽を見ます。太陽の黒点は、まわりよりもクールだ。陰・がたいが何時も変化しながら、規則的に移動します。それから太陽の自転流れや太陽が球形であることがわかります。X線で見た太陽は、輝き球は暗く見える。明るく映るのは、コロナの中でうずまく100万℃の気体だ。太陽の磁界にそって明るく見えていらっしゃる。太陽のコロナは、ふだんは輝き球の光のために見られませんが、皆既日食のときに見られます。極高気温(100万〜200万℃)だ。次は惑星についてだ。水星は、太陽に最も近い惑星だ。金星は、公気温が480度にも達します。金星の陰・明るさは大きく変化して見える。地球に近付くほど、大きくなって欠けて見える。火星は、予約に富んです地形をもつ赤い星だ。知らないことを学習できて良かったです。キレイモ 初月無料

私の趣味のフラダンスのレッスンも今年は終わり、来週月曜日の韓国語講座を残すだけになりました。これから年末の我が家の年末のイベント準備が始まります。息子の家族と夫の姉の家族とで毎年クリスマス会を楽しんでいますが、前日が孫娘のピアノ発表会でそれも欠かすことが出来ない大切な行事です。クリスマス翌日の日曜日に餅つきを予定しているので天皇誕生日に絡む連休は目いっぱいもスケジュールになっています。 先週のフラダンスの感動の余韻は今も快く幸福感が持続していますが、年末に向けて新たな幸福感のため、相変わらず忙しい日々が続きます。日程では孫娘のピアノ発表会が先ですが、餅つきのためもち米を2日前にとぐ作業があります。我が家の近辺でもごく少数派ですが 餅つきは昔ながらの臼と杵を使います。クリスマスの段取りより気掛かりで、米とぎをした後必要道具や、ついた餅をのす時使う米の粉の購入を忘れないようにしなければなりません。立て込んだ行事を前に今日はゆっくり過ごしています。http://xn--vek505gt78b.xyz/